平成30年度 離任式

今年度は富永教頭先生、福島先生、高橋先生、山本先生の4名の先生が離退任されました。

教頭先生は長い教員生活を終え新たなスタートへ・・・

福島先生、高橋先生は派遣元の自治体へ・・・

そして長い間、全日・補習校を支えてくださった山本先生もまた日本で教育の道へ・・・

 

最後の挨拶では、笑いあり涙あり歌あり・・・

それぞれの先生らしさが見られた心温まる時間でした。

多くの保護者卒業生の皆様、ご多用の中お集まりいただき有難うございました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

2019年4月5日 | カテゴリー :

平成30年度 修了式

今年度の締めくくりとなる修了式。

各クラスの代表生徒が、校長先生より修了証書を受け取りました。

授業はもちろんのこと、大運動会、双葉フェスティバル、交流学習、双葉Fairなど様々な行事をみんなで創りあげた一年。

創立40周年を記念するにふさわしい一年であったように感じます。

 

四月からは違う学校に通う仲間もたくさんいます。今年一年の思い出を胸に、それぞれの場所で活躍してください。

スライドショーには JavaScript が必要です。

2019年4月5日 | カテゴリー :

平成30年度 卒業式

3月13日(水)に、平成30年度卒業式が行われました。卒業証書授与の際には、一人一人が決意表明をしました。今までの感謝の言葉、これからの目標など、自分の思いを表しました。別れの歌では、在校生が歌と呼びかけで卒業をお祝いしました。在校生・保護者の皆様、来賓の方々の大きな拍手に見送られ、胸を張って堂々と退場していきました。

中学部3年生・小学部6年生のみなさん、卒業おめでとうございます。

今後のご活躍をお祈りしています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

2019年4月5日 | カテゴリー :

メジャーリーガー 福留孝介選手

「小さい頃、アイスクリームをもらうのが楽しみで野球をはじめた。」そんなエピソードを披露しながら、「夢を持ち、努力を続けること」と「ありがとうと声に出して大人になろう」、そんなメッセージを下さいました。

子どもたちの質問に答え、身振り手振りでキャッチボールやスイングについて教えてくださいました。そのボールの速さと、スイングの鋭さに、目を奪われた子どもたちでした。

球場やテレビで応援した福留選手の生の声・生の姿が印象的なひと時でした。

福留選手の野球にかける情熱が伝わってきたたのしいひと時でした。ぜひ、来シーズンも活躍する姿を見せてください。
シカゴ日本人学校児童生徒一同、応援しています!!

山田恵里選手、渡辺華月選手

シカゴの女子プロソフトボールチーム、CHICAGO BANDITS の山田恵里選手と渡辺華月選手が、本校に来てくれました。
外野手の山田選手は、北京オリンピックで全日本の主将としてチームを引っ張り、金メダル獲得に貢献されました。捕手の渡辺選手は、トヨタ自動車女子ソフトボール部で活躍し、史上初の日本女子ソフトボールトーナメント3連覇に貢献されました。

夢をつかむために頑張ってきたことや、周りの方々に感謝し続けていることなのについて、分かりやすくお話ししてくださいました。

お話の後、5人の児童生徒と順番にキャッチボールをしてくださいました。楽しそうに、子供たちの力に合わせて、ピッチャーの投球の仕方も教えてくれました。

やわらかいボールを使って、バッティングも教えてくださいました。模範演技の後、児童生徒の何人かも、お二人の投げる球を打つことができました。

楽しく充実した時間を過ごせた子どもたちでした。お礼に、エールと、花束のプレゼントをしました。

根本美緒さん

気象予報士の根本美緒さんが来校され、小学校高学年生と中学生に向けて、ご自身のアナウンサーや気象予報士になった経験談やシカゴと日本のお天気について講演されました。

特に、お天気についての講演はわかりやすく、本来難しい天気用語も易しく解説され、この講演を機会に大勢の子どもたちが気象や自然環境に興味を持ちました。

お天気おねえさんとしてテレビで大活躍している根本さんの、子どもたちに優しく語りかける姿が印象的なひと時でした。

ゲストティーチャー 都築龍太さん

元サッカー日本代表の都築龍太(つづき りょうた)さんが、二日にわたり本校に来てくれました。
都築龍太さんは、ガンバ大阪や浦和レッズのゴールキーパーとして活躍され、また日本代表として数々の国際大会に参加されました。

当日は、当初の予定になかった小1~4の子供たちとも触れ合いの時間を作ってくださり、大いに盛り上がりました。

1~4年生、幼稚部年長の子供たちとも触れ合う時間を作ってくださり、さらに直筆のサインのプレゼントまでいただき、子供たちは大喜びでした。

56年生は、ゲームで体を動かしながらチームで協力して目標に向かって頑張ることの大切さを教わりました。そのあと、都築さんが小さいころから夢をつかむかでのお話を伺いました。

 

 

車いすランナー 副島正純選手

両親や友達に支えられて今の自分があり、自分ががんばる姿を見せることで恩返しをしたいと思っていると話されました。
さらに、自分ががんばる姿を見せることで、それを励みにしてくれている人がいることがわかり、とてもうれしかったそうです。

副島選手のレーサーに乗らせてもらうことができました。
「思ったより速い!」「全然曲がれなかった!」「うまく止まれなかった!」

質問にも答えていただき、楽しく充実した時間を過ごせた子どもたちでした。
お礼に、エールと、歌のプレゼントをしました。

 

メジャーリーガー 井口資仁選手

小さい時からプロ野球の選手になりたいという夢があった。そしてその思いは他の誰よりも強かったその分人一倍努力ができ、それが今、プロ野球選手になった力です。

井口選手のお話は夢を追い続ける力が自分を成長させるというお話でした。
子どもたちの質問にも丁寧に答えていただきました。

大リーグの選手はすごく遠い存在かと思っていましたが、みんなにやさしく声をかけてくださって、本当に素晴らしい時間を作ってくださいました

井口選手の野球を愛する心とみんなへの優しさが伝わってきた本当に楽しい一時でした。ぜひ、来季は再び「ワールドチャンピオン」に輝いてください。
わたしたちは、井口選手を応援しています!

Chicago Red Eleven 山本絵美選手

「一生懸命取り組むことで、いろいろな人と出会い、いろいろなことを学ぶことができた。」とこれまでの経験を交えてお話し下さいました。「努力することの大切さ」や「一生懸命取り組むことの大切さ」を教えていただきました。

子どもたちの質問にこたえ、シュートの仕方を教えていただきました。キーパーに指名された子はボールのスピードにびっくり!そして、山本選手とのリフティング競争もあり、子どもたちは大喜びでした。いただいたTシャツも宝物ですね。

なでしこジャパンの選手の生の声・生の姿にたい興奮のひと時でした。