双葉Fair~小さな日本文化の伝道師たち~

今年も双葉フェアにはいくつもの仕掛けあるブースが並びました。交流校の友達を招いて、折り紙を教えたり、昔話を聞かせたり。独楽回しや浴衣の着付け、季節を感じさせる福笑いやカルタ、射的のお店まで、屋台を思わせる出店となりました。相手に言葉が通じたり通じなかったりする経験、それでも必死になって伝え、相手が笑顔になった時の喜びは,何物にも代え難い財産です。子供たちがまた一つ国際人として成長する機会となりました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

小学部6年生 交流学習COME

パートナーを迎えての2回目の交流。Dirksen Elementary Schoolの友達がシカゴ日本人学校に来てくれました。

「仲を深めよう」「学校や日本のよさを知ってもらおう」というめあてのもと、学校ツアー・スポーツ・日本の遊び、などの計画を立て準備をしてきました。

学校ツアーでは,校舎内を案内しながら,日本や学校クイズに挑戦。その後はドッジボールとコーン倒しで体を動かしました。

日本の遊びでは、けん玉・お手玉・おりがみ・だるま落とし・こま回しをしました。遊び方を教えてあげながら,お互いが笑顔になっていました。

自分たちで計画したことで、Dirksenの友達に楽しんでもらうことができ,短い時間でしたが仲を深めることができました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

小学部5年生 交流学習COME

11月29日(木)

ウィンサーフレンズとの再会です。

紹介したい日本の昔遊びのブースを4つ作り、昔遊びを通して交友を深めました。用意した昔遊びは、あやとり、こま、折り紙、けん玉です。遊び方の説明を英語で練習しました。言いたいことがうまく伝わらないこともありましたが、実演や身振り手振りを加えながらコミュニケーションを図りました。

また、書道体験の時間では、「平和」「海」「空」などの日本語を紹介しながら、ともに日本の文化を楽しみました。ウィンサー小学校の友達も初めての書道体験に興味津々でした。

以下は児童の感想です。

わたしが、交流学習COMEで一番心に残ったのは、書道です。みんなけっこう上手だったので、びっくりしました。ペアの人が楽しそうに書いてくれたので、よかったです。わたしのグループは、「平和」と「光」を書きました。

ぼくが現地の子に来てもらって思ったことは、達成感です。なぜかというと、学校内の様々に貼ってあったクイズを、現地の子が解くたびに、うれしそうだったからです。また、あやとりを英語で教えるのはあまりない体験で難しかったけど、英語で教えられたから、さらに達成感を味わうことができたのだと思います。

わたしにとって、初の交流学習COMEでした。習字やあやとり、こま、けん玉、折り紙など、日本の文化をたくさん伝えられたと思います。ですが、習字での教え方や、折り紙の折り方を教える時、うまく伝えられない時がありました。説明をもっと分かりやすくして、次回に生かしたいです。

1月末に予定している双葉フェアがあります。次は、どんなおもてなしをしようかと、すでに準備にとりかかっています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

小学部2年生 交流学習COME

11月30日(金) Ivy Hill Elementary Schoolのお友達と,交流学習を行いました。

「交流学習GOのお礼に,今度は楽しんでもらいたい!」

そんな思いで準備を重ねてきました。

最初は緊張していた子どもたちも,体を動かすことで,いつも通りに活動することができました。

今回のめあて①は「自分の気持ちを伝えること」。

バブリーダンスを教えるときには,生き生きと自分の気持ちを伝えていました。

学校案内では,ミッションをクリアしないとシールをもらうことはできません。

「バディなわとび」,「折り紙でしゅりけん作り」,「体じゃんけん」,どれもペアと協力しながらクリアすることができました。

お別れのときには,「離れたくない!」と抱き合うペアもいました。

めあて②である「楽しむこと」もしっかり達成し,にっこにこで終わることができました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

小学部5年生 交流学習GO

11月7日(水)5年生交流学習GO

昨年までに交流学習を経験している子供達でも、はじめは緊張していました。徐々に緊張が解け、帰りの頃には、「英語で会話が少しできた」「次の交流学習COMEが楽しみ」などの感想を聞くことができました。うまく気持ちを伝えられない時にはもどかしさもあるようでしたが、その気持ちを次の目標につなげていました。

(児童の感想より)

交流学習GOを通して、2つわかったことがあります。一つ目は、アメリカの学校は広いということです。二つ目は、アメリカの小学生はやさしいということです。もっとアメリカの友達と話してみたいです。

 

今日は、パートナーの子と楽しめました。いろいろと用意してくれて、一番楽しかったのは、バスケットボールです。交流学習COMEでは、日本の文化を伝えたいです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

おもてなしの心で・・ 小学部3年生 交流COME!

11月16日、今日はTripp Elementary Schoolのお友だち24人をお迎えする日です。3週間ぶりに再会しましたが、ペアの友だちはしっかりとぼくたち私たちのことを覚えていてくれました。

はじめの会の「歓迎のことば」でむかえた後、さっそく学校案内(学校たんけん)をしました。10のグループに分かれ、校内を案内して回ります。英語でうまく案内できました。

中休みは、寒さに負けずサッカーをしたり、遊具で遊んだりして外で元気よく遊びました。

3時間目の活動は「体を使って遊ぼう」で、「マイムマイム」のダンス、じゃんけん列車、長縄をしました。英語を使って上手に説明することができたし、仲を深めることができました。

4時間目の活動は「日本の遊びをしょうかいしよう」で、ふくわらい、けん玉、だるま落とし、手遊びの4つのコーナーで日本の伝統的な遊びを紹介しました。

ランチの後の昼休みは、体育館でドッジボールやおにごっこをしました。

いよいよお別れのとき、自分たちで作った折り紙のプレゼントを渡し、また1月の双葉フェアで会おうねと約束し、見送りました。緊張したけどとても楽しい交流学習でした。

スライドショーには JavaScript が必要です。

緊張したけど楽しかったよ 小学部3年生 交流GO!

スライドショーには JavaScript が必要です。

10月26日、Buffalo GroveにあるTripp Elementary Schoolに交流学習に行きました。

はじめに3年生担任のChae先生が、学校の中を案内してくれました。Tripp Elementary Schoolは幼稚園から3年生までが学んでいます。Tripp小学校のお友だちはみんな、廊下を静かに歩いていました。

はじめに教室でペアのお友だちと対面しました。みんなとても喜んでくれました。Tripp小学校はその日は「パジャマデー」ということで、みんなパジャマを着ていました。

はじめに、自己紹介カードを書きました。ペアの友だちがカードの書き方をやさしく教えてくれました。

次に、ブレイクタイムのダンス。モニターを見ながら楽しく踊りました。

次の時間は、いくつかのコーナーに分かれて活動しました。コマを回して遊ぶゲームコーナー、玉をおはじきのようにして遊ぶコーナー、ビーズをつなげてアクセサリーを作るコーナー、そしてフクロウの食べたネズミの骨を掘り出すコーナーです。

ランチ前に外で元気よく遊びました。ランチの後は、教室で、算数のわり算の問題を解いたり、アルファベットの筆記体で自分の名前を書いたりしました。

とても楽しかったです。帰りにみんなで記念撮影をしました。バスが出発するまで見送ってくれました。

次は、ぼくたちわたしたちの学校で会おうねと約束して別れました。

中学部交流学習

11月1日(木) Thomas Middle School に交流学習に出かけました。
パートナーと一緒にいろいろな体験をさせてもらえました。
11月7日(水) Thomas Middle School の生徒を日本人学校に迎えました。
ソーラン鳴子踊りや和太鼓の演奏で歓迎した後、スポーツを一緒に楽しみました。
その後、茶道 着付け クラフト作成 線香花火などで楽しみました。
昼食後 日本の遊びを体験しました。だるま落とし あやとり けん玉 こま回しなど一緒に遊びました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

小学部1年 交流学習COME

 11月27日(火)にIvy Hill Elementary Schoolとの交流学習COMEを行いました。

 1か月ぶりのIvyのお友達との再開に、みんな笑顔でお出迎えをしました。一緒に体を動かしたり、学校案内やカタカナ・折り紙を教えたりしながら仲を深めることができました。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

言葉は100%伝えられなくても、一緒に遊んだり活動したりしているうちに気持ちは伝えられるということを実感することができた交流活動でした。

小学部6年 交流学習GO

Dirksen Elementary Schoolに交流GOに行きました。まずは一緒にmusicの授業です。すこし緊張した表情でしたが,次のGymnasticでは,体を動かし緊張もほぐれてきたようでした。その後は,サンクスギビングの言葉を考えたり,学校内を案内してもらったり,日本クイズに挑戦したりと,だんだんとパートナーとも仲良くなり,笑顔で接していました。Dirksenの友達の優しさを感じた一日となりました。

スライドショーには JavaScript が必要です。